マズローの欲求階層説 ー自己実現の欲求とは何かー

はじめに

今回は、マズローの「欲求階層説」についてのお話です。

経営学の教科書などに必ずと言ってよいほど登場するもので、超有名です。ですので、多くの方がご存知だと思いますが、経営学における貴重な業績だと思いますので、取り上げておきたいと思います。

マズローについて

アブラハム・マズロー(Abraham Harold Maslow 1908-1970)はアメリカの心理学者です。ユダヤ系ロシア人の移民の子としてニューヨークで生まれた彼は、貧困や差別を経験しつつも、大学で心理学の博士号を取り、ニューヨーク市立大学などで教鞭を取りました。

彼は「人間性心理学」を提唱し、ここで取り上げる「欲求階層説」だけでなく、多くの心理学の業績を残しました。そこで、なぜ心理学者の説が経営学の中に出てくるのか、という疑問を持つ方もいるでしょう。

実は、古くから経営学は心理学の分野と非常に関係があります。人間関係論以降、働く人の心理に焦点が当てられ、多くの心理学出身の学者が経営の現場に関心を持つようになりました。マズロー自身も経営に強い関心を持ち、経営についての本も著しています。特に彼の論じた「自己実現」は経営の中でこそ重要な意味を持つものと考えられます。

欲求階層説

さて、マズローの「欲求階層説」の中身に入っていきます。先におおまかな内容を説明しておきます。

人間は欲求によって行動します。「○○が欲しい」「○○したい」と思うからこそ、行動してそれを実現しようとするわけです。つまり欲求が行動の原動力となっています。

マズローはそうした人間の欲求を、「基本的欲求」として5つに分けました。その5つとは、「生理的欲求」、「安全欲求」、「所属と愛の欲求」、「承認欲求」、「自己実現欲求」です。そして、それら5つの欲求が、低次のものから高次のものへと階層を構成しているとしたのです。だから「欲求階層説」と呼ばれます。

よく目にするピラミッドの図をここでも示しておきます。

「低次から高次」というのは、下から上に行くほど高次元の欲求になるということですが、必ずしも低次だから悪いという意味ではありません。言い換えれば、人間にとってすぐに満たす必要のある緊急性ということです。そして低次の欲求が満たされると、より高次の欲求が現れてくるとしています。また、いったん満たされた欲求はもう行動にはつながらないということも重要なポイントです。

それでは、一つひとつ欲求の内容を見ていきましょう。

生理的(physiological)欲求

これは最も低次の欲求ということですが、人間が生き物として生き続けるために必要なものです。食べる、寝るといった、生命体を維持するために必要な動物としてのレベルの欲求です。低次ですが、生き物として最低限必要な欲求です。

5つの欲求のうち、何も満たされていない状態であれば、人間はまずこの欲求を満たそうとするわけです。その他の欲求はひとまず存在しない状態になります。

安全(safety)欲求

食事も睡眠も取れるようになると、次の欲求が現れてきます。それが安全欲求です。

要するに、自分の身を守ろうとする欲求です。人間は誰しも、安心や安全、安定感を求めるものです。極端な例を挙げれば、戦争が起きれば身を守るために逃げるなどの対応をしますし、そこまででなくても、人間は生活の中でできるだけ安心できる状態、予測可能な安定した世界を身の回りに作ろうとするものだと思います。

所属と愛(belongingness and love)の欲求

安全が確保されると、次に求めるのが所属や愛の欲求です。人間は孤独に耐えられないものです。できれば、どこかに属していたい、誰かと関わっていたい、と思うものです。つまり、食事や安全が得られると、家族や友人や恋人など何らかの社会的な関係を求めるとうになるということです。

承認(esteem)欲求

何らかの所属が得られると、今度はその中で認められたいという欲求が出てきます。それが承認欲求です。評価されたい、尊敬されたいといった願望は(個人差はあると思いますが)、誰でも持つものでしょう。

単に所属するだけでなく、他の人から必要とされることは、生きがいにもつながってきます。自尊心や自身の存在意義は人間が生きていく上で重要なものです。

そこで人間は二つのことをしなければなりません。一つは自分が自分を認めることができるように力をつけたり尽くしたりするということです。もう一つは、それによって正当に評価されるということで、そのためには単に独りよがりではなくて周りから必要とされる力をつけることや責任ある言動をとることなどが必要です。

自己実現(self-actualization)欲求

最も高次の欲求がこの自己実現欲求です。そして一番よくわからないやつです。

時折、「がんばって自己実現を図ってください」とか、「自己実現できるよう、努力していきます」とか話す人を見かけますが、意味がわかって使っているのかなと思ったりします。そう言いつつ、自分も本当にわかっているのか自身がなくなったりする言葉です。実際、マズローの本を読んでいても、「?」というところが多々あります。

それでも、そんなに間違いではないだろうという範囲で説明しておきます。

あえて言えば、「自身を向上させようという欲求」、「自身の能力を最大限に発揮したいという欲求」、「限りない成長の欲求」という感じでしょうか。

そしてそれは誰かに認められたいといった承認欲求や、誰かに負けたくないとかの競争意識ではなく、他人との比較ではない確立した自己を目指すものです。

このように書くと、結局難しいですよね。

思いっきりおおざっぱな言い方をすれば、「いい人間になろうとする欲求」じゃないかと思います。マズローも「心理的な健康」という言い方をしていますが、承認欲求の先にあるのは、そういう状態なのだろうと思います。

そして、「自己実現」というとどこか自己中心的な、利己的な感じがしますが、そういうものではないと考えます。低次の欲求から高次になるほど、利己的でなく利他的になっていくものだと思います。でも、「自己実現」は完全に利他ではなくて、「利己と利他がバランスの取れた良い状態」になることを目指す欲求と言えるのではないかと考えたりします。

そのように書くと、ものすごく偉大な人物でとてもたどりつけない領域という感じがしてきます。しかし、マズローも書いているように「完全な人間などというものは存在しない」のです。誰しも欠点があって、だからこそ個性的なのだろうと思います。

ですから、私は「個々の人間が自分らしくなるべくいい人間になろうとする欲求」というように考えています。

「自己実現」というのは、考えれば考えるほどわかったようでわからなくなる言葉なのですが、簡単に定義できないけど、やはりそこには「何か」ありそうだと思える魅力的な言葉なのです。

それで、この「自己実現欲求」というものは、他の欲求と違って、「満たされたら終わり」ではないのですね。さらにさらに求められていくものです。なんとなく「修行」めいた感じがしますが、成熟した人間の心理はそういうものかもしれません。

マズローの欲求理論と経営学

さて、それでこのマズローの欲求階層説が経営学とどう関わってくるかというのが、大事な点ですね。

一般的に、経営学ではこの考えを「モチベーション論」に利用しています。モチベーション論というのは、「いかにして人をやる気にさせるか」というものです。つまり、どんな欲求に働きかければ人間はやる気になってがんばるのか、ということを明らかにするために欲求階層説を取り入れたのです。

欲求階層説から考えると、金銭的なことや、人間関係などで人をやる気にさせることは、ある程度はできても限界があるということになります。そして、最も理想的なモチベーションの高め方は、自己実現欲求に働きかけることです。自己実現欲求を「成長しようとする欲求」と考えるならば、人間がそう望むように自己実現以下の欲求を満たせるように環境を整え、成長できるような機会を組織の中に用意すべきだ、ということになります。(実際は口で言うほど簡単ではありませんが・・・)

また、マズローは「自己実現人」という新たな「人間観」を提示しました。「人間関係論」のところでも書きましたが、どのような「人間観」を前提にするかによって経営のあり方は変わってきます。つまり、人間を「自己実現人」と捉えることで、より効果的なモチベーションが可能になり、より良い経営ができるのではないかという問題提議がなされたのです。

この「自己実現人」という捉え方が正しいかどうかは別として、人間をありのままに「全体的に」捉えたことは、経営学にとって大きな影響を与えたと考えられます。つまり、「経済人」も、「社会人」も、それなりに人間のある側面を捉えてはいますが、あくまでその一面に過ぎません。その意味で、経営学にとって画期的だったと考えられます。

マズローへの批判

最初に述べたように、マズローの欲求階層説は経営学の教科書に頻繁に登場するほど、広く受け入れられています。

しかし、批判がないわけではありません。例えば、

科学的な実証分析が不十分

ある欲求が満たされて高次の欲求に行くと元には戻らない(不可逆性)のは現実的ではない

自己実現欲求は低次の欲求が満たされなくても現れるのではないか

などなど、その他いろいろとあります。

私自身も疑問に思うことは多々あります。

ただ、一方で彼の主張はとても惹きつけられるものがあります。特に人間を肯定的に捉えるポジティブな姿勢は魅力的です。古い本ではありますが、今読んでも非常に興味深く、いろいろと考えさせられるところがあります。

彼の説は非常に広まっているがゆえに、場合によってはかなり雑に使われています。とても残念なことだと思います。ですので、ぜひ実際に彼の著書を手にとって読んでみてもらいたいと思います。

補足:アルダーファー(Clayton Paul Alderfer)の「ERG理論」との比較

アルダーファーという人は、マズローの理論を修正して、ERG理論というのを主張しました。ここで参考までにごくかんたんにとりあげて、比較をしておきます。

ERGというのは、存在 (Existence )、関係 (Relatedness )、成長 (Growth )の頭文字をとったものです。(Existence, relatedness and growth theory)

アルダーファーはマズローが欲求を5つに分けたのに対して、3つの欲求、すなわち存在欲求、関係欲求、成長欲求に分けました。図のような感じです。

また、マズローのように欲求が不可逆、つまり高次から低次にはいかないという考え方に対して、成長から関係へ、関係から存在へと移行することも示しました。

そして、マズローが批判された科学的な実証の弱さという面もカバーしました。

欲求の分類の仕方や、欲求が上下に移行することなど、どちらかというと私自身はアルダーファーの方が現実的ですし、わかりやすいと思います。

しかし、それはあくまでモチベーション論という視点から見れば、ということです。というのも、自己実現を単に「成長」とだけ考えるとマズローの良いところが半減してしまうように思います。

この辺りはまだ不勉強なので、ここまでにしておきます。

もっと学びたい方のための参考文献

たくさんあるので、2冊だけ挙げておきます。どちらもまだ売ってます。

A.H.マズロー「人間性の心理学」産能大学出版部、1987年

500ページを超える分厚い本です。お値段も高いです。買うのはけっこう勇気がいると思いますが、詳しく書かれています。

A.H.マズロー「完全なる経営」日本経済新聞社、2001年

経営に関するいろいろなコメントやインタビューがあって興味深いです。監訳者の金井先生の解説がとても参考になります。

山下剛「マズローと経営学」文眞堂、2019年

マズローと経営学についての丁寧な研究書です。文章もわかりやすくて読みやすいと思います。卒論でマズローをやろうと思う人は読んだ方がいいと思います。

Alderfer, C.P., Existence, Relatedness, and Growth – Human Needs in Organization Settings, The Free Press, 1972

一応、挙げておきますが、入手困難です。

タイトルとURLをコピーしました