組織と管理

組織と管理

ハーズバーグの動機付け・衛生理論(二要因理論)ー従業員をやる気にさせるのは何か?

ハーズバーグの有名な「動機付け・衛生理論(二要因理論)」について解説しています。ハーズバーグは従業員を動機付ける要因(動機付け要因)と不満にさせる要因(衛生要因)とは必ずしも一致しないと主張しました。人をやる気にさせるには動機付け要因に働きかける必要があります。

組織と管理

アージリスの「未成熟・成熟理論」 ー従業員の成長を妨げない組織へー

アージリスはパーソナリティーの概念をベースに、個々の人間が成長するという前提で組織というものを考えました。組織メンバーが適応し、順応し、統合状態のもとで自己実現するものと捉えています。しかし、組織というものは人間の成長を妨げるような特質を持っているのです。

組織と管理

マグレガーのX理論・Y理論 ー人は仕事が嫌いなのか?ー

今回はアメリカの心理学者であり経営学者でもある、マグレガー(Douglas Murray McGregor 1906-0964)という人が提唱した「X理論・Y理論」について解説します。

組織と管理

マズローの欲求階層説 ー自己実現の欲求とは何かー

有名なマズローの欲求階層説について解説します。経営学のモチベーション論として取り入れられました。ERG理論との比較も少し触れています。

組織と管理

人間関係論 ー職場の人間関係が良いと業績が上がる?ー

職場の人間関係はとても重要なものです。メイヨーとレスリスバーガーの研究チームはホーソン工場実験によって、職場の人間関係の重要性を明らかにしました。非公式組織が公式組織に与える影響、人間を「社会人」と捉える考え方などが人間関係論の意義と考えられます。

組織と管理

フォーディズムとフォード・システム ー高賃金と低価格の両立で社会を豊かにー

ヘンリー・フォード 米国経済を支え、繁栄の象徴であったアメリカ自動車業界のビッグ3と言えば、GM、フォード、クライスラーですね。この中で最初に大衆車を世に送り出し、社会に広く自動車を広めたのがフォードです。 今回はこの...
組織と管理

テイラーの科学的管理法 ー経営者と労働者の繁栄を目指してー

テイラーが提唱した「科学的管理法」についてわかりやすく説明しています。

企業システム

企業組織の全体像

企業組織がどのような論理でできあがっているかをかんたんに説明します。組織が拡大するにつれて階層的な縦割りの仕組みが構築されていきます。それを水平的分化、垂直的分化といった観点から見ていきます。

タイトルとURLをコピーしました